爪 チェック 貧血

爪をチェック!2枚爪だと貧血の可能性が高いかも?

爪をチェック!2枚爪だと貧血の可能性が高いかも?

病院に行って貧血検査を行うことができるのですが、それ以外に自分でチェックする方法もあるため、忙しくなかなか病院での検査ができない人でも貧血かもしれないと思ったときにチェックすることができます。

 

その1つが爪でする貧血セルフチェックです。

 

は、人の体の中でも色々なサインを出してくれる健康チェックに非常に有効な箇所でもあります。
当然貧血であっても、爪にある特徴が現れてきますのでそれを目安に自分の体調を推し量ることも可能となります。

 

爪をチェック!2枚爪だと貧血の可能性が高いかも?

貧血であった場合、爪にはいくつかの特徴が現れますが、まずは2枚爪です。

 

爪先が剥離してしまい、2枚の爪が生えてきているように見える症状ですが、これは貧血であるために起こる代表的な爪の状態です。

 

血液の成分が不安定であるために爪が満足に成長することができないことから、2枚爪になる前に割れてしまったり欠けてしまったりすることも多くなってきます。

 

折れたところ、割れたところから爪が薄くはがれてきてしまったりするようであれば、まず貧血の症状と見て間違いありません。

 

2枚爪は貧血であると起こる代表的な例ですが、でこぼこした爪になったり、筋が深くなったり、平べったくなったりという症状が出た場合も貧血であると判断できる場合があります。
ただし、この場合には他の病気の疑いもあり、爪だけを見て貧血と判断することは難しいと言えます。

 

 

2枚爪の場合も、他の病気である可能性がないわけではありませんが、多くの場合は貧血が原因でなってしまうものなので、普段の生活でめまいや息切れ、動悸や疲れが長引くなどの症状が気になるようであれば貧血と見て間違いでしょう。